だいじょうぶ

アイリッシュセター  紅 との日々
2011年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

この子達の良さ。

それは先週のこと。

まだ、紅の『石頭』 の後遺症も残っているというのに
母から 「買い物に行こう。」 と 誘われました。

行き先は 紅の実家の ホームセンター。
化粧して、マスクをつけて 帽子を目深に被ってのお出掛けです(苦笑)


勿論 紅もご同伴。
でもでも、ホームセンターのカートに乗せてのお買い物はタイヘンです。
 
片手はリードをしっかり持ち、もう片方の手にはおやつを握り締め
近くにワンちゃんがいないか 360度 見渡しながら
おやつで気を引きながらの声かけ。。。(ワンちゃん見たら、即回避 笑)

…そんなことをしながら お買い物をしていました。
すると、一人のおじさんが 紅に向かってやってきます。

おじさんは躊躇することなく 紅をなでながら
「いいこだねー、この子はこの犬種にしたら おとなしすぎるくらいおとなしいねー。」
「この顔はオスの顔じゃないよねー、オスはもっとしっかりした顔立ちしてるからね。」
「足の長い子だねー。この子は走る子だ!」
など、やつぎばやにお話をされます。


CIMG2293.jpg


もしやと思いお聞きすると、アイリッシュを飼われているとの事。
14歳の女の子だそうで、携帯の待ち受けの写真も見せて頂きました♪

「この子達は、一生やんちゃなんだよね。
でも、それがこの犬種のいいとこなんです。
この子達の良さは これを飼ったことがある人にしか 解りませんよ。
他の犬を飼ってる人には、なかなか理解できない良さなんです。」 
と、感慨深げに おっしゃっていました。

14年、アイリッシュと一緒に過ごしてきた重みです^^
きっといろんな事を 経験されてきたんだろうなー。




『アイリッシュセター』 って
「きれいねー。かっこいいねー。」って 言われる反面、
ある程度の知識を持たれている方からすると
「どうしようもない、ろくでもない犬。」 になってしまいます。

実際 紅は まだまだお子ちゃまで、甘アマで
「どうしようもない犬」 かも知れません。

でも、これからも 紅のいいところと アイリッシュのいいところは消さないよう
ゆっくり、じっくり成長していってくれたらいいなぁって 思っています♪


CIMG2468.jpg
(なんだってー!?)


みなさま、これからもご指導 宜しくお願いいたします♪



ちなみに・・・
その14歳のワンちゃんは、お野菜 果物は何でも食べるそうで
なんとバナナは 皮ごと一本あげると、
お猿さんのように上手にむいて 食べるそうです。(紅じゃムリ!)





スポンサーサイト